So-net無料ブログ作成

こざと公園 1/24 - 1/30 [野鳥記録]

今週のこざと公園、寒い日が続きました。種類数は23種類と少し減りました。 - カワウ、コブハクチョウ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ユリカモメ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、オオバン、バン、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ツグミ、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。




番外編 - 沖縄の生物 2016/1/21-22 [その他動物]

沖縄で、比地大滝への渓流沿いの山道を歩いていた時に、かわったイモリを見つけました。調べるとシリケンイモリのようです。図鑑の説明を読むと皮膚にテトラドキシン毒があるとありました。
多量のイモリを食べたら問題となりそうですが、触っても安全とありました。
DSC05195 (1024x768).jpg

シリケンイモリ 2016/1/22

番外編 - 沖縄での探鳥 2016/1/21-22 [野鳥]

沖縄の野鳥に会いに沖縄中北部(1月21日、残波ビーチ、海洋博公園、22日、比地大滝、ウフナー自然館)を訪れました。
沖縄といえば、ヤンバルクイナ、ノグチゲラなどの固有種が思い浮かびます。運が良ければと思いましたが、そう簡単には出会えませんよね。
写真は撮れませんでしたが、ホントウアカヒゲを2回ほど比地大滝付近でチラ見できたのが、収穫でした。比地大滝の近くのウフギー自然館の周辺ではいろいろな野鳥に出会えました。(ウフギー自然館で周辺の散策マップをいただけます。)
撮ってきた写真から、出会えた野鳥を幾つかを紹介します。
センダンの実をついばんでいたシロガシラ、リュウキュウヒヨドリ、シロハラです。
DSC05225 (1024x766).jpg

DSC05212 (1024x768).jpg

シロガシラ  2016/1/22 ウフギー自然館近辺

DSC_0026 (1024x680).jpg

リュウキュウヒヨドリ 2016/1/22 ウフギー自然館近辺

少し赤みがかっていますね。
DSC_0024 (1024x680).jpg

シロハラ 2016/1/22 ウフギー自然館近辺


沖縄で見られる亜種は、リュウキュウヒヨドリ以外に、リュウキュウハシブトガラス、リュウキュウキジバト、リュウキュウメジロ、リュウキュウコゲラなども見ることができました。リュウキュウメジロは、腹部分が白いのが特徴ということですが、これは区別できそうです。その他は、沖縄での観察ということでの推察です。
DSC05161 (1024x768).jpg

リュウキュウハシブトガラス 2016/1/22 ウフギー自然館近辺

DSC_0046 (1024x678).jpg

リュウキュウキジバト 2016/1/22 ウフギー自然館近辺

DSC05111 (1024x768).jpg

リュウキュウキジバト 2016/1/21 残波ビーチ

DSC05131 (1024x766).jpg

リュウキュウメジロ 2016/1/21 海洋博公園
 
DSC05140 (1024x766).jpg

リュウキュウコゲラ 2016/1/21 海洋博公園


その他、イソヒヨドリ、サシバなど小雨模様の天気でしたが、多くの野鳥に会うことができました。
DSC_0069 (1024x678).jpg

イソヒヨドリ♂ 2016/1/22 ウフギー自然館近辺

DSC_0064 (1024x678).jpg

イソヒヨドリ♀ 2016/1/22 ウフギー自然館近辺

DSC_0034 (1024x678).jpg

サシバ 2016/1/22 ウフギー自然館近辺


沖縄北部では、ヤンバルクイナは観光のシンボルとして大活躍していました。NHKの火野正平さんが自転車で各地を訪れる番組「日本縦断こころ旅」で、沖縄県を訪れた時に映されていたヤンバルクイナ展望台にも行ってきました。高さ11.5mもある大きなヤンバルクイナです。
DSC05249 (1024x768).jpg

ヤンバルクイナ展望台 2016/1/22




こざと公園 1/17 - 1/23 [野鳥記録]

先週のこざと公園、少し見られた種類は入れ替わりましたが野鳥の種類数は25種類でした。 - カワウ、コブハクチョウ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ユリカモメ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、オオバン、バン、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。




こざと公園 1/10 - 1/16 [野鳥記録]

今週のこざと公園、先週とほぼ同じ顔ぶれですね。。野鳥の種類数は26種類でした。 - カワウ、コブハクチョウ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ユリカモメ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、オオバン、バン、チョウゲンボウ、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。




カマキリの卵 [昆虫]

こざと北公園の北側でハラビロカミキリの卵を見つけました。ハラビロカミキリは、木がまばらな公園にも生息とあるので、こざと公園でも生息しているのでしょうね。
DSC_0001 (1024x678).jpg

ハラビロカマキリの卵 2016/1/13


こざと公園では、見つけられませんでしたが、こざと公園の近くで、オオカマキリ、チョウセンカマキリ、コカマキリの卵も見つかりました。
DSC_0005 (1024x678).jpg

オオカマキリの卵 (大野高等学園そばの畑地) 2016/1/3

DSC04859 (1024x768).jpg

チョウセンカマキリの卵 (大柏川第1調節池) 2015/12/10

DSC04977 (1024x768).jpg

コカマキリの卵 (市川市自然観察園) 2015/12/26

こざと公園 1/3 - 1/9 [野鳥記録]

先週のこざと公園、野鳥の種類数は25種類でした。 - カワウ、コブハクチョウ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ユリカモメ、ゴイサギ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、オオバン、バン、チョウゲンボウ、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ツグミ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。




ミノムシ [昆虫]

最近は、大きなミノムシを見る機会が少なくなりました。特にオオミノガのミノムシは、オオミノガヤドリバエという外来種の寄生バエにより、激減しているそうです。落葉樹の小枝を丹念にさがすと、手が届かない高いところに稀に見つかったりします。昨日、千葉ニュータウン駅の近くの結縁寺谷津で、目の高さにあるミノムシを見つけました。
この距離ならしっかり写真に収められます。オオミノガのミノムシですね。でも、周辺を注意してみても、他には見つけられませんでした。
DSC04994 (1024x768).jpg

ミノムシ 2016/1/7







こざと公園 12/27- 1/2 [野鳥記録]

先週のこざと公園、珍しくシロハラがいました。すぐに飛び去ってしまいましたが、この近くで冬を越しているのでしょうね。野鳥の種類数は先週より増えて26種類でした。 - カワウ、コブハクチョウ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、ユリカモメ、ゴイサギ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、オオバン、バン、チョウゲンボウ、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。

それにしても、今年は暖冬ですね。今日、大柏川でモンシロチョウがとんでいるのを見かけました。ロウバイも咲いていますし、ジンチョウゲの蕾も色づいていました。


メッセージを送る