So-net無料ブログ作成

こざと公園 3/20- 3/26 [野鳥記録]

今週のこざと公園、ソメイヨシノが咲きはじめました。例年より早いですね。コブハクチョウの抱卵は続いています。今週、見られた野鳥の数は、22種類でした。 - カワウ、コブハクチョウ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、ユリカモメ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、オオバン、バン、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。
DSC05515 (1024x768).jpg

抱卵中のコブハクチョウ 2016/3/25










ミチタネツケバナ [植物]

こざと公園で、ミチタネツケバナをよく見かけるようになりました園路のような比較的乾いた場所でも生育します。最近、広まっている外来種とのことですが、在来のタネツケバナと比較してみると、種の付き方、花の大きさなどが判別点となります。
DSC05461 (1024x768).jpg

ミチタネツケバナ 2016/3/15


こざと公園 3/13 - 3/19 [野鳥記録]

今週のこざと公園、暖かい日が続き、ハシビロガモの渡りも始まったようです。コブハクチョウが抱卵中です。巣を離れたときに卵が見られました(参照、下写真)。抱卵期間は、ネットで36-38日とありました。順調ならば、ゴールデンウィークには、雛が見られるかもしれません。今週、見られた野鳥の数は、21種類でした。 - カワウ、コブハクチョウ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、ユリカモメ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、オオバン、バン、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ツグミ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。

DSC05453 (1024x768).jpg

コブハクチョウの卵 2016/3/16






オオホシハジロ - 浮間公園 [野鳥]

東京都板橋区にある浮間公園にオオホシハジロを見に行ってきました。20年位前に、アカハジロを見に一度だけ訪れたことがある公園です。池の側で、写真を撮っている人を見つけ、カメラの先を探すと、いました。オオホシハジロです。メスですね。近くには、ミコアイサの雌もいました。池端から、3メートルほどの至近距離で写真を撮ることができました。
DSC05470 (1024x767).jpg


DSC05467 (1024x737).jpg

オオホシハジロ ♀ 2016/3/16


DSC05475 (1024x768).jpg

ミコアイサ ♀ 2016/3/16



イソヒヨドリ - 大柏川 [野鳥記録]

今日、曇りで寒い日でしたが、久しぶりに大柏川の野鳥を訪ねてみました。大柏川には、ユリカモメ、コガモ、カルガモなどの常連に交じって、マガモ、オナガガモなども見られました。こんな寒いのに、ツバメも見られました。ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイなども護岸に見られました。大柏橋の近くで、護岸のコンクリートに,見慣れないムクドリより少し大きめの鳥を見つけました。双眼鏡で確認すると、イソヒヨドリの雌でした。何年か前に、こざと公園でも見たことがありますが、大柏川では初めての観察です。

DSC05450 (1024x767).jpg

イソヒヨドリ ♀ 2016/3/13



大柏第1調節池と市川学園の間の農地でヒバリ、市川市農協のそばでウグイスさえずりも聞こえました。春は確実に近づいています。

こざと公園 3/6 - 3/12 [野鳥記録]

先週のこざと公園、3月9日、ツバメがとんでいました。今日、近くの大柏川でもツバメがとんでいました。寒い日が続いていますが、確実に春は近づいています。先週、見られた野鳥の数は、23種類でした。 - カワウ、コブハクチョウ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、ホシハジロ、ユリカモメ、ゴイサギ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、オオバン、バン、キジバト、カワセミ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。





アズマヒキガエル [その他動物]

5日の昼下がり、市川市自然観察園に出かけました。池でアズマヒキガエルを見つけました。探してみると近くにさらに4匹も見られました。産卵のために池にやってきているようです。池の中を見ると長い紐状の卵塊も見つかりました。ヒキガエルの仲間は、不用意に触ると毒液を分泌するので、気をつけないといけないとウィキペディアにありました。ヒキガエルの仲間の分泌物からは、強心作用が知られている生薬のセンソが得られます。「救心」とか「六神丸」などの生薬に使われています。

DSC_0003.JPG

       アズマヒキガエル 2016/3/5

DSC_0006 (1024x678).jpg

       アズマヒキガエル 卵塊 2016/3/5


こざと公園 2/28 - 3/5 [野鳥記録]

こざと北公園に、野鳥のためと思われる、冬の芦原の伐採作業の対象とならなかった枯れた芦原(実際は、芦よりは、ヒメガマがほとんど)が残されています。 コブハクチョウがここでヒメガマの枯れ茎を集めて、大きな巣のようなものを作っています。子育てをするのでしょうか。楽しみです。こざと公園は、よくカワセミ が見られる場所ですが、このところオス、メスの2羽が追いかけっこをしているのをよく見かけます。カップルを形成したようです。今週見られた野鳥の数は、24種類でした。 - カワウ、コブハクチョウ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、ユリカモメ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、オオバン、バン、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、シジュウカラ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。





アオサギと大きすぎる餌 - こざと公園 [野鳥]

3月3日、こざと公園でアオサギを見ていたところ、大きな魚をとらえていました。ところが大きすぎて呑み込めない様子。何回か、加えなおしていましたが最後には、諦めて放り投げました。その時の写真です。大きなフナを加えています。このサイズだと呑み込むのは無理のようです。
DSC05439 (1024x767).jpg

大きなフナを捕えたアオサギ 2016/3/3


メッセージを送る