So-net無料ブログ作成

コシアカツバメ - 大原港 [野鳥]

「野鳥情報-関東版 2016 NAVER まとめ」を野鳥情報入手のため、利用させていただいています。コシアカツバメの情報があり、大原港まで、出かけてきました。朝10時に大原港に到着。ちょうど、朝市がひらかれていたので、イカ焼きなどを食べながら、双眼鏡で探すと、コシアカツバメが飛び交っていました。飛翔中の写真は諦め、巣のありそうな場所をさがすと、遠くで写真を撮っている人を発見。コシアカツバメもその近くの建物に営巣しているのか、その建物の軒下に消えました。その建物の近くに移動して、電線などに、とまっているコシアカツバメを写真に収めることができました。
DSC05731 (1024x768).jpg


DSC05765 (1024x769).jpg


DSC05755 (1024x766).jpg


DSC05776 (1024x767).jpg

コシアカツバメ 2016/5/29


ツミ - こざと公園 5/22- 5/28 [野鳥記録]

今週のこざと公園、コブハクチョウ、親鳥2羽に雛1羽、元気です。26日の朝、珍しく、ツミが飛来しました。若鳥と見られ、南公園の桜の木から木に飛び移っていました。僅かな滞在時間でしたが、しっかり確認できました。今週は、27日に、姿は確認できませんでしたが、ヨシゴイの鳴声が北公園の葭原から聞かれました。そろそろ、ヨシゴイの季節です。今週、見られた野鳥の数は、17種類でした。 - コブハクチョウ、カルガモ、ゴイサギ、ダイサギ、アオサギ、バン、ツミ、キジバト、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。

こざと公園 5/15- 5/21 [野鳥記録]

今週のこざと公園、コブハクチョウ、親鳥2羽に真っ白な雛1羽、元気そうです。目には、ハコネウツギの開花、耳にはオオヨシキリの鳴声、初夏の到来です。今週、見られた野鳥の数は、16種類でした。 - カワウ、コブハクチョウ、カルガモ、アオサギ、バン、キジバト、カワセミ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。

サナエトンボ - 日影沢、蝶の里公園 [昆虫]

5月12日、高尾山近くの日影沢キャンプ場と埼玉県嵐山町にある蝶の里公園へ、蝶とトンボの写真を撮りに出かけてきました。出会えたトンボは、写真を整理してみると、以下のようになりました。
クロサナエ、ヒメクロサナエ、ダビドサナエ、ホンサナエ、ヤマサナエ、ヒメサナエ、カワトンボ、アオハダトンボ。写真は撮れませんでしたが、飛行中のムカシトンボも見ることができました。充実した「トンボの探訪」となりました。

DSC_0066 (1024x678).jpg

クロサナエ 日影沢 2016/5/12


DSC_0112 (1024x678).jpg

DSC_0112 (1024x678).jpg

ヒメクロサナエ 日影沢 2016/5/12


DSC_0132 (1024x678).jpg

DSC_0134 (1024x678).jpg

ダビドサナエ 日影沢 2016/5/12


DSC_0190 (1024x678).jpg

ホンサナエ 蝶の里公園 2016/5/12


DSC_0196 (1024x678).jpg

ヤマサナエ 蝶の里公園 2016/5/12


DSC_0198 (1024x678).jpg

ヒメサナエ 蝶の里公園 2016/5/12














こざと公園 5/8- 5/14 [野鳥記録]

先週のこざと公園、コブハクチョウの雛は、土曜の朝まで4羽とも元気でしたが、その後、原因はわかりませんが3羽が死んでしまいました。公園を訪れる人を楽しませてくれていたので残念です。残った1羽は、今朝も元気でした。健やかな成長を願います。オオヨシキリは、数が増えているようです。先週、見られた野鳥の数は、16種類でした。 - コブハクチョウ、カルガモ、ダイサギ、アオサギ、バン、キジバト、カワセミ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。

スミナガシ、サカハチチョウ - 日影沢 [昆虫]

5月12日、高尾山近くの日影沢キャンプ場と埼玉県嵐山町にある蝶の里公園へ、蝶とトンボの写真を撮りに出かけてきました。出会えた蝶は、オナガアゲハ、カラスアゲハ、モンキアゲハ、アオスジアゲハ、ツマキチョウ(♀)、ルリタテハ、キタキチョウ、ウラギンシジミ、トラフシジミ、テングチョウ、コミスジ、サカハチチョウ、ルリタテハ、スミナガシ、ヒメウラナミジャノメなどです。スミナガシは初めての出会いで興奮しました。
DSC_0161 (1024x678).jpg


DSC_0017 (1024x678).jpg


DSC_0032 (1024x678).jpg

スミナガシ 日影沢 2016/5/12


DSC_0117 (1024x678).jpg

サカハチチョウ 日影沢 2016/5/12


DSC_0050 (1024x678).jpg

ツマキチョウ ♀ 日影沢 2016/5/12






ササバギンラン [植物]

柏井雑木林で、ササバギンランの花が咲いていました。近くには、ギンランの花も見られ、図鑑を片手に葉や花の形、苞葉などの違いを確認、ササバギンランと確認しました。写真では大きさがわかりませんが、ササバギンランの方が大きく見つけやすいかと思います。
DSC05676 (1024x768).jpg

ササバギンラン 2016/5/10

DSC05671 (1024x768).jpg

ギンラン 2016/5/10



オオヨシキリ飛来 5/1 - 5/7 [野鳥記録]

今週のこざと公園も、4羽の雛を連れたコブハクチョウが散歩の人々を楽しませています。例年、ゴールデンウィークに飛来するオオヨシキリ、5月3日に確認できました。7月中旬まで、ギョギョシ、ギョギョシとにぎやかな声を聴かせてくれると思われます。見られた野鳥の数は、14種類でした。 - コブハクチョウ、カルガモ、ダイサギ、アオサギ、キジバト、カワセミ、ツバメ、ハクセキレイ、オオヨシキリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。

マツバスゲ、シバスゲ、アゼスゲ、アオスゲ - カヤツリグサ科の山野草 13 [植物]

5月1日、東金食虫植物群落を訪れてこの時期に見られる野草の説明を伺ったとき、カヤツリグサの仲間も説明いただきました。昨年より、「カヤツリグサ科ハンドブック」と「イネ科ハンドブック」(文一総合出版)を参考にしながら、この仲間の識別を我流で始めました。でも、難しいのが多いですね。カヤツリグサ科についてもしっかり教えていただけるこの場所は、とても貴重です。
DSC_0058.JPG

マツバスゲ 2016/5/1

DSC_0056.JPG

シバスゲ 2016/5/1

DSC_0060 (1024x677).jpg

アゼスゲ 2016/5/1

DSC_0057.JPG

アオスゲ 2016/5/1

カヤツリグサ科では、その他、ゴウソもありました。こちらは、特徴もあり、比較的、判別しやすいです。
イネ科の野草、イチゴツナギがありました。この仲間も識別が難しいですね。こちらは、もう少し、観察機会を重ねてみたいと思います。




トラフトンボ、ハラビロトンボ [昆虫]

5月1日、トラフトンボを見に、千葉県横芝光町にある乾草沼に出かけました。市川市を朝8時前に出て、一般道で10時ころにに到着。釣りの人が多い中、トンボを見に来ている人も見られました。
幾つかの池面をさがしていると、トラフトンボをみつけることができました。近くに来た時を狙って30分以上は、バチバチと写真を撮りました。何とか焦点のあった写真を目いっぱいトリミングしたのが下の写真です。
DSC_0034.JPG

トラフトンボ 2016/5/1

乾草沼から、次に東金食虫植物群落に移動。ここで、春の野草を、ボランティアの人に教えていただきました。植物については明日のブログにまとめます。ここで、ハラビロトンボに出会えました。1年前に来た時にも、ハラビロトンボに出会えた場所です。正面から見たとき、ブルーの複眼が目立ちますね。
DSC_0053 (1024x678).jpg

DSC_0049 (1024x678).jpg

ハラビロトンボ ♂ 2016/5/1



メッセージを送る