So-net無料ブログ作成

モンキアゲハ - こざと公園近辺 [昆虫]

こざと公園から1Kmと離れていない斜面林のそばで、モンキアゲハを見つけました。手持ちのカメラでとった写真を目いっぱいトリミングしたのが下の証拠写真です。自宅の近くでモンキアゲハが見られて、少し興奮しました。先日、船橋のアンデルセン公園で見て、市川市でも見たいと思っていましたが、以外に早く、遭遇できました。
DSC_0294.JPG

モンキアゲハ 2017/10/1

nice!(0)  コメント(0) 

モンキアゲハ - 船橋アンデルセン公園 [昆虫]

船橋市にあるアンデルセン公園へ秋の蝶を尋ねました。ナガサキアゲハ、ミドリヒョウモン、サトキマダラヒカゲ、キタキチョウ、クロコノマチョウ、そして、最後には、モンキアゲハに会うことができました。モンキアゲハは、市川市の自然観察園でも見られた記録があるようですが、市川市の近辺では、初めて出会うことができて、感激しました。
DSC_0370 (1280x848).jpg

モンキアゲハ 2017/9/14

CSC_0371 (1280x848).jpg

ナガサキアゲハ ♂ 2017/9/14

DSC_0330.JPG

ミドリヒョウモン 2017/9/14

ミドリヒョウモンも市川市の近辺では珍しいのではないかと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

キベリタテハ、スジボソヤマキチョウ - 白樺湖、八島が原湿原 [昆虫]

8月28日朝、白駒池で、ルリイトトンボ、オオルリボシヤンマを見て、次の目標のキベリタテハを求めて、白樺湖へ向かいました。昨年の今頃、この湖畔で見かけたので、できれば写真にとりたいと思っての再訪問です。白樺湖畔の周遊道路と湖畔の間に設けられた山野草の植栽地が探蝶のポイントです。木道の遊歩道を山野草の花を楽しみながら、キベリタテハをさがすと、運よく出会うことができました。暫く待つと、近くの岩に止まり、写真に収めることができました。ほとんど翅は閉じたままできれいな表翅はなかなか見せてくれません。20分ほど待ってやっと翅を開閉した時に、何とか表翅も写真に収めることができました。幸運にも、キベリタテハの他に、スジボソヤマキチョウに出会うことができました。表翅が黄色なので雄と判断しました。その他、ヒョウモンチョウの仲間も多く、家に戻って写真の整理してみると、ミドリヒョウモン、メスグロヒョウモン、ギンボシヒョウモンが写っていました。
DSC_0482 (1280x847).jpg

DSC_0471 (1280x847).jpg

キベリタテハ 2017/8/28

DSC_0490 (1280x848).jpg

スジボソヤマキチョウ ♂ 2017/8/28

この山野草の植栽地で、エンビセンノウ、シラヒゲソウが咲いていました。
DSC_0455 (1280x848).jpg

エンビセンノウ 2017/8/28

DSC_0456 (1280x848).jpg

シラヒゲソウ 2017/8/28

ここを切り上げ、八島湿原に移動していろいろな山野草を楽しんで充実した一日となりました。八島湿原で、再びスジボソヤマキチョウにであうことができました。こちらの個体は、表翅が白っぽく雌と思われます。
DSC_0509 (1280x848).jpg

スジボソヤマキチョウ ♀ 2017/8/28


nice!(0)  コメント(0) 

クモマベニヒカゲ - 千畳敷カール [昆虫]

連休の前日の10日、千畳敷カールへ高山植物を見に行ってきました。朝5時前に市川市の自宅を車で出て、高速を乗り継いで駒ヶ根インターへ着いたのが、9時前、途中、ゆっくり朝食をとり、快適なドライブでした。一般車用の駐車場に車を置いて、バス,ロープウェーを乗り継いで10時に高度2612mの千畳敷駅に到着。幸い、まだ天候はよく、千畳敷周辺の山々もよく見えました。1周、1時間弱の遊歩道をゆっくりと高山植物を見ながら、散策です。ミヤマクロユリ、エゾシオガマ、ヨツバシオガマ、コイワカガミ、クルマユリ、ウメバチソウ、いろいろな花が咲いていました。ひそかに期待していた、高山蝶のクモマベニヒカゲも剣ケ池の側の広場となっている場所で、見つけることができました。30分ほどパシャパシャと撮ったなかから、翅の表と裏が綺麗に映っている写真を選び、目いっぱいトリミングしたのが次の写真です。
DSC_0346.JPG

DSC_0377.JPG

クモマベニヒカゲ 2017/8/10

他には、蝶は、ヤマトスジグロシロチョウと思われるのを3回ほど、見かけただけでした。
DSC_0309 (1280x848).jpg

ヤマトスジグロシロチョウ 2017/8/10

千畳敷駅から、眺めているとホシガラスとイワツバメが見られました。遠くを飛んでいたホシガラスを写真に収め、トリミングしたのが、下の写真です。何とかホシガラスだと確認できます。
DSC_0391.JPG

ホシガラス 2017/8/10

12時ころには、ガスが出てきたので、千畳敷から、駒ケ根市の光前寺に移動しました。



nice!(0)  コメント(0) 

トンボ - 21世紀の森と広場 [昆虫]

曇り空と、暑さもそれほどではないので松戸市にある「21世紀の森と広場」まで出かけてきました。サイト内では、動植物の採取は禁止されており、野鳥だけでなく、昆虫にもありがたい生息環境が保たれていますね。多くの種類のトンボが見られました。アオヤンマの写真も撮られているので、運がよければ遭遇できそうですね。今日、出会えたトンボは、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、コシアキトンボ、ショウジョウトンボ、ウスバキトンボ、コフキトンボ、ウチワヤンマ、チョウトンボとオオヤマトンボ(?)です。
DSC_0303 (1280x850).jpg

コフキトンボ 2017/7/27

DSC_0305 (1280x848).jpg

オオシオカラトンボ 2017/7/27

オオヤマトンボは、静止しないので、ピンボケですが、パシャパシャと撮った写真のうち、何とか証拠写真になりそうなのを、目いっぱいトリミングしてみました。
DSC_0324 (651x430).jpg

オオヤマトンボ 2017/7/27



ヒメキマダラセセリ 他 - 日影沢 [昆虫]

24日、日影沢で見つけた蝶をまとめてみました。ヒメキマダラセセリは、写真に収めたのは初めてです。小仏城山の頂上付近で、優雅に飛翔するアサギマダラ、ウスバシロチョウが見られました。その他、コジャノメ、コミスジ、イチモンジチョウ、ミスジチョウ、サカハチチョウ、アオスジアゲハ、オナガアゲハ、カラスアゲハ、コチャバネセセリ、ジャコウアゲハ、アカボシゴマダラ、ツマキチョウ♀など、種類、数ともに多く見られました。
DSC_0338 (1280x848).jpg

ヒメキマダラセセリ 2017/5/24

ツマキチョウの雌は、黄色い部分がありませんが、複雑な模様が魅力的です。
DSC_0377 (1280x847).jpg

ツマキチョウ 2017/5/24

ジャコウアゲハが、地面にいました。このジャコウアゲハに擬態したようなアゲハモドキも見られました。アゲハモドキは、もっと小型で、蛾の仲間です。
DSC_0429 (1280x848) (1280x848).jpg

ジャコウアゲハ 2017/5/24

DSC_0367 (1280x848).jpg

アゲハモドキ 2017/5/24

ヒメギフチョウ - 居谷里湿原 [昆虫]

5月7日、8日にSpring ephemeral (春の妖精)、ヒメギフチョウを見に長野県大町市にある居谷里湿原、白馬村の姫川源流地を訪れました。今年の白馬村近辺では、春の訪れが例年より遅いようで、カタクリの花が綺麗な時期と一致しました。姫川源流湧水で、カタクリの花で吸蜜するヒメギフチョウの写真も取れました。ヒメギフチョウの食草のウスバサイシンも花の写真を撮られている方に教えていただき、写真にとることができました。
DSC_0364 (1280x848).jpg

DSC_0370.JPG

ヒメギフチョウ (たぶん♂) 2017/5/7 

DSC_0463 (1280x848).jpg

ヒメギフチョウ (たぶん♀) 2017/5/8

DSC_0480 (1280x847).jpg

カタクリの花とヒメギフチョウ 2017/5/8

DSC_0375 (1280x847).jpg

ウスバサイシン 2017/5/7


ニホンアマガエル - 香取神宮 [昆虫]

5月3日、香取神宮へ新緑を楽しみに出かけました。昨年、9月に千葉県の「生命のにぎわい調査団の現地研修会」で訪れた場所です。本殿で参拝後、研修会で説明を受けた場所、植物を再訪しました。
裏の森で、体色変化で白っぽくなっているニホンアマガエルを初めて見ました。よく見る緑色(参考)と違いますね。
DSC_0388 (1280x847).jpg

ニホンアマガエル 2017/5/3 香取神宮

DSC07386 (1280x958).jpg

 (参考)ニホンアマガエル 2013/9/23 印西市

キビタキの声が聞こえました。探すと遠くに黄色と黒のキビタキを見つけました。証拠写真です。
DSC_0393 (1280x848).jpg

キビタキ 2017/5/3 香取神宮

研修会で教わったアリドオシ(アカネ科)の写真を撮ってきました。この植物について調べると話題として使えそうなことがいろいろ書かれていました。この植物名は、葉の付け根から出ているトゲが蟻をも刺し通すという意味から「蟻通し」、別名を一両といい、 お正月のおめでたいときの飾りにセンリョウやマンリョウと一緒に使われるとありました。センリョウ(千両)、マンリョウ(万両)、ヤブコウジ(十両)は、よく見かけますが、カラタチバナ(百両)やアリドオシ(一両)は、見る機会が少ないのではないかと思われます。
DSC_0389 (1280x848).jpg

アリドオシ 2017/5/3 香取神宮



ツマキチョウ ー こざと公園 [昆虫]

こざと公園で、蕾に一時、とまったところのツマキチョウの写真が撮れました。今の時期、ツマキチョウかなと思われる蝶を近くで見かけますが、ほとんどとび続けていて羽を休めることがないので、確認が難しいですね。
DSC07196.JPG

ツマキチョウ 2017/4/24


この小さなこざと公園にもいろんな蝶が訪れます。ナガサキアゲハ、コムラサキ、ゴマダラチョウなどの綺麗な蝶も稀ですが訪れます。

アメリカヒドリとクロコノマチョウ  [昆虫]

手賀の丘公園まで、デジカメと双眼鏡を持ってサイクリング。途中、白井市にあるJAF千葉支部白井基地の近くの池で、アメリカヒドリを見つけました。この池は、例年、ヒドリガモの群れが見られる場所です。ヒドリガモのなかに綺麗なアメリカヒドリが見つかりました。キンクロハジロも数羽混じっていました。
DSC06289 (1024x768).jpg

アメリカヒドリ 2016/10/23


手賀の丘公園につき、水飲み場のそばで、エゾビタキをみつけましたが、写真には撮れませんでした。野鳥を探していた時、大型の蝶が飛び立つのを見つけました。少し離れた地面に止まりました。静かに近寄り地面をさがすとクロコノマチョウのようです。さらに、別の個体がみつかり、こちらは翅の色が少し暗い色をしていました。写真を撮り、家に帰って、図鑑で確認してみると、最初のが雌、後のが雄のようです。
DSC06300 (1024x768).jpg

クロコノマチョウ ♀ 2016/10/23

DSC06301 (1024x768).jpg

クロコノマチョウ ♂ 2016/10/23

クロコノマチョウは、市川市の自然観察園で見たことがありますが、久しぶりの出会いです。残念ながら翅の開いたところは、撮れませんでした。
メッセージを送る