So-net無料ブログ作成
検索選択

アオバズク - 佐倉城址公園 [野鳥]

アオバズクを暫く、見ていないのでネットを検索。近場では、今年も、千葉市内の神社と佐倉城址公園にアオバズクが飛来しているとありました。千葉市内の神社へは、5年前に見に行ったので、今回は、佐倉城址公園の方に行ってきました。場所は、国立歴史民俗博物館の入口の近くで見られるようなので、その情報をヒントにさがすと幸い、アオバズクの写真を撮っている方を見つけることができました。その方の後ろから、アオバズクを観察。写真も撮ってきました。
DSC_0305 (1280x846).jpg

DSC07347 (1280x960).jpg

アオバズク 2017/7/6

ササゴイ - 浮間公園 [野鳥]

東京都の浮間公園で、今年もササゴイが営巣しているとの話をネットで見て、ササゴイに会いに行ってきました。昨年は、この公園に7月18日に行って、幼鳥も見ています。7月3日の今日、まだ早いのか、幼鳥は見られませんでしたが、綺麗な成鳥のササゴイに会えました。カルガモの親子や、カイツブリの親子も見られました。カイツブリの雛が親の背中に乗っています。
DSC_0309 (1280x846).jpg

ササゴイ 2017/7/3

DSC_0300 (1280x846).jpg

カルガモの親子 2017/7/3

DSC_0296 (978x645).jpg

カイツブリの親子 2017/7/3

こざと公園 6/25 - 7/1 [野鳥記録]

今週のこざと公園、北公園、南公園のバンの親子二組、それぞれ、3羽と7羽の雛は元気に成長しています。2羽の雛を連れたカルガモが木曜日に見られました。6月19日まで見られていた雛とは別個体と思われます。今週は、近くの大柏川で5羽の幼鳥を連れたカルガモを見かけました。シジュウカラ、スズメの幼鳥もよく見られます。子育ての季節です。
今週、見られた野鳥は18種類でした - コブハクチョウ、カルガモ、ダイサギ、アオサギ、バン、キジバト、ツバメ、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス。

バンの親子 - こざと公園 6/18 - 6/24 [野鳥記録]

先週のこざと公園、南公園のバンの親子、7羽の雛は元気に成長しています。北公園でも、別のバンの親子が見られるようになりました。2羽の雛は確認できましたが、もう少しいるのではと思います。カルガモの雛は、19日まで見ましたが、その後は見られません。無事に移動してくれたのでしょうか。少し、気がかりです。珍しく、チョウゲンボウが2日ほど見られました。
先週、見られた野鳥は16種類でした - コブハクチョウ、カルガモ、アオサギ、バン、チョウゲンボウ、キジバト、ツバメ、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。

バン、カルガモの親子 - こざと公園 6/11 - 6/17 [野鳥記録]

先週のこざと公園、バンとカルガモの親子が見られるようになりました。バンは、今朝も7羽の雛を連れていました。カルガモの雛は1羽となってしまいましたが、今朝も見られました。ヨシゴイは、見られず、今年は、ヨシゴイの営巣はなさそうです。
先週、見られた野鳥は18種類でした - コブハクチョウ、カルガモ、ゴイサギ、ダイサギ、アオサギ、バン、キジバト、ツバメ、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシブトガラス。

バン親子、カルガモ親子 - こざと公園 [野鳥]

こざと公園、コブハクチョウの3羽の雛は、順調に育っています。コブハクチョウに目がいきがちですが、目立たないところでも、野鳥の子育てが、行われています。
今朝のこざと公園、バンが6羽の雛を連れて採餌していました。今年もこざと公園で、バンは営巣していたのですね。例年だと、数週間で、1,2羽となってしまいます。こざと公園での子育て、これから厳しい試練が待っています。健やかな成長を祈るのみです。
DSC07301 (1280x900).jpg

DSC07298 (1280x959).jpg

バンの親子 2017/6/13

日曜日の朝、見つけたカルガモの親子、その時は3羽の雛を連れていましたが、昨日は、1羽に減っていました。今朝も、1羽の雛を連れた親鳥が見られました。カルガモも小さい雛の時は、危険がいっぱいなのでしょうね。
DSC07297 (1280x958).jpg

カルガモの親子 2017/6/13

公園に植えられた桜の枝に、時々、今年生まれたツバメの幼鳥が止まっています。オオヨシキリの幼鳥が見られるのももうすぐです。初夏は、野鳥の子育ての季節ですね。
DSC07295 (1280x960).jpg

ツバメ 幼鳥 2017/6/12


ヨシゴイ - こざと公園 6/4 - 6/10 [野鳥記録]

6月5日、早朝のこざと公園散策で、ヨシゴイの鳴声を聴きました。少しさがしましたが、葭原の中か見つけられず、姿確認は、お預けとなりましたが、6日の早朝散策で、鳴き声を頼りに、暫く眺めているとふわっとヨシゴイが飛びました。今年も見られました。その後、今日まで5日間、鳴き声も姿も見ていません。残念ながら、抜けてしまったのかと思われます。(参考まで、昨年のフィールドノートを確認すると、5月27日(初認)から6月24日(終認)まで29日間のうち、15回、見ていますね。)今日、11日の早朝散策で、3羽の雛をつれたカルガモを、見つけました。
コブハクチョウ、3羽の雛と2羽の親鳥、連れ立って相変わらず、公園の人気者となっています。オオヨシキリの囀りがにぎやかです。先週、見られた野鳥は19種類でした - コブハクチョウ、カルガモ、ヨシゴイ、ゴイサギ、ダイサギ、アオサギ、バン、キジバト、ツバメ、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。

こざと公園 5/28 - 6/3 [野鳥記録]

こざと公園のコブハクチョウ、3羽の雛と2羽の親鳥、連れ立って相変わらず、公園の人気者となっています。オオヨシキリの囀りがにぎやかです。先週、見られた野鳥は16種類でした - コブハクチョウ、カルガモ、コサギ、アオサギ、バン、キジバト、ツバメ、カワセミ、オオヨシキリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス。
こざと公園では、夏の時期、野鳥の種類は少なくなりますね。ヨシゴイは、来ていないようです。今週に期待です。

こざと公園 5/21 - 5/27 [野鳥記録]

こざと公園のコブハクチョウ、3羽の雛と2羽の親鳥、連れ立って相変わらず、公園の人気者となっています。オオヨシキリの囀りがにぎやかです。今週、見られた野鳥は15種類でした - カワウ、 コブハクチョウ、カルガモ、アオサギ、キジバト、ツバメ、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス。
こざと公園では、夏の時期、野鳥の種類は少なくなりますね。6月になるとヨシゴイが飛来することがあります。次の楽しみです。昨年は営巣しなかったようですが、6月の前半に見られました。

ヒメキマダラセセリ 他 - 日影沢 [昆虫]

24日、日影沢で見つけた蝶をまとめてみました。ヒメキマダラセセリは、写真に収めたのは初めてです。小仏城山の頂上付近で、優雅に飛翔するアサギマダラ、ウスバシロチョウが見られました。その他、コジャノメ、コミスジ、イチモンジチョウ、ミスジチョウ、サカハチチョウ、アオスジアゲハ、オナガアゲハ、カラスアゲハ、コチャバネセセリ、ジャコウアゲハ、アカボシゴマダラ、ツマキチョウ♀など、種類、数ともに多く見られました。
DSC_0338 (1280x848).jpg

ヒメキマダラセセリ 2017/5/24

ツマキチョウの雌は、黄色い部分がありませんが、複雑な模様が魅力的です。
DSC_0377 (1280x847).jpg

ツマキチョウ 2017/5/24

ジャコウアゲハが、地面にいました。このジャコウアゲハに擬態したようなアゲハモドキも見られました。アゲハモドキは、もっと小型で、蛾の仲間です。
DSC_0429 (1280x848) (1280x848).jpg

ジャコウアゲハ 2017/5/24

DSC_0367 (1280x848).jpg

アゲハモドキ 2017/5/24

メッセージを送る